ビジネス実務マナー検定

ビジネス実務マナー検定は、財団法人実務技能検定協会が主催する検定試験です。社会人になるために必要なマナーを効率的に学ぶことができます。接客の仕事をする人にはオススメの資格です。

ビジネスマナーを学べばスマートな振る舞いができる!

接客販売の場合、ビジネスマナーひとつで売上が変わることがあります。ビジネスマナーには様々あり、全てを覚えるのは大変です。ビジネス実務マナー検定は社会人として働くために必要なビジネスマナーを効率的に学べる資格です。新社会人の場合は3級の知識があれば非常に役立つと思います。

ビジネス実務マナー検定の試験内容

受験資格 なし
試験形式
  • 1級:記述式、面接試験
  • 2級:記述式、マークシート
  • 3級:記述式、マークシート
試験内容 ビジネスマナーの試験は理論と実技試験があります。

理論

  • 必要とされる資質
  • 企業実務

実技

  • 対人関係
  • 技能

 

合格基準 60%以上の正答率
合格率
  • 1級:25%前後
  • 2級:60%前後
  • 3級:70%前後
試験日 各級ともに6月、11月
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…

ピックアップ記事

  1. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  2. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  3. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
ページ上部へ戻る