ビジネス実務マナー検定

ビジネス実務マナー検定は、財団法人実務技能検定協会が主催する検定試験です。社会人になるために必要なマナーを効率的に学ぶことができます。接客の仕事をする人にはオススメの資格です。

ビジネスマナーを学べばスマートな振る舞いができる!

接客販売の場合、ビジネスマナーひとつで売上が変わることがあります。ビジネスマナーには様々あり、全てを覚えるのは大変です。ビジネス実務マナー検定は社会人として働くために必要なビジネスマナーを効率的に学べる資格です。新社会人の場合は3級の知識があれば非常に役立つと思います。

ビジネス実務マナー検定の試験内容

受験資格 なし
試験形式
  • 1級:記述式、面接試験
  • 2級:記述式、マークシート
  • 3級:記述式、マークシート
試験内容 ビジネスマナーの試験は理論と実技試験があります。

理論

  • 必要とされる資質
  • 企業実務

実技

  • 対人関係
  • 技能

 

合格基準 60%以上の正答率
合格率
  • 1級:25%前後
  • 2級:60%前後
  • 3級:70%前後
試験日 各級ともに6月、11月
0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…

ピックアップ記事

  1. ライン組織の図解と長所と短所

    ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も…
  2. アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン…
  3. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
ページ上部へ戻る