秘書検定試験

秘書検定は文部科学省が認定する公的資格であり、財団法人実務技能検定協会が主催しています。試験には3級、2級、準1級、1級があります。受験資格はなく、どなたでも、どの級からでも受験することができます。秘書検定では、マナーや接遇だけではなく、ファイリングやビジネス文書の書き方、正しい敬語の使い方や電話対応など、社会人としての常識を学ぶことができます。

販売士と秘書検定

販売士受験者のなかには、販売士の受験に平行して秘書検定を受験している方がいます。両者の資格は、一見何の関係もないように思いますが、そういうわけでもないのです。販売士3級で学ぶ項目のひとつに接客マナーや言葉遣いなどがあります。これらの項目は秘書検定試験の勉強範囲と重複します。言葉遣いの丁寧な販売員に接客してもらうと、とても気持ちの良いものです。特にアパレル店員などの接客販売や対面販売員については、言葉遣いや態度はとても重要です。このような理由から、販売士の受験に平行して秘書検定を受検している方がいます。女性の方にとても人気のある資格ですが、社会人として役に立つ知識を学ぶことができるため、男性の受験者もいます。

秘書検定の試験内容

試験内容 秘書検定の筆記試験は、各級とも「理論」と「実技」の2分野から出題されています。

理論

  • 秘書の資質
  • 職務知識
  • 一般知識

実技

  • マナー・接遇
  • 技能
試験日
  • 1級:6月・11月
  • 準1級:6月・11月
  • 2級:2月・6月・11月
  • 3級:2月・6月・11月
試験方式
  • 1級:筆記試験(半分が選択問題)面接試験
  • 準1級:筆記試験(半分が選択問題)面接試験
  • 2級:筆記試験(マークシート式の五択)ただし1割だけ単語やフレーズの穴埋め、ビジネス文書の穴埋めがあります。
  • 3級:筆記試験(マークシート式の五択)ただし1割だけ単語やフレーズの穴埋め、ビジネス文書の穴埋めがあります。
合格基準 各級とも理論及び実技ともに60%以上
合格率
  • 1級:30%前後
  • 準1級:30%前後
  • 2級:50%前後
  • 3級:70%前後
0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…

ピックアップ記事

  1. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  2. レギュラーチェーンとボランタリーチェーンの違い

    レギュラーチェーンとボランタリーチェーンを混同する人が多いですが、両者は全く異なる組織形態です。 (…
  3. ファンクショナル組織の図解と長所と短所

    ファンクショナル組織とはライン組織にみられる包括的な権限と責任を職能別に分け、各担当者に付与する組織…
ページ上部へ戻る