パーソナルカラー検定

パーソナルカラー検定(パーソナルカラリスト検定)とは、色彩知識と配色調和に関する資格試験です。お客様自身が持っている色や似合う色を提案できる知識を学ぶことができます。なお、パーソナルカラー検定合格者にはパーソナルカラリストの称号が付与されます。

アパレル業界などで役立つ知識を学べる資格

パーソナルカラー検定は、お客様に似合う色を提案できる知識を学べる資格です。アパレルなどの販売をする人は、パーソナルカラーの知識を活用することでお客様に色彩を活用した提案ができるようになります。

パーソナルカラー検定の試験内容

受験資格
  • 1級:パーソナルカラー2級合格者
  • 2級3級:誰でも受験可
試験形式
  • 1級:筆記試験、実技試験
  • 2級:筆記試験
  • 3級:筆記試験
試験内容 パーソナルカラー1級

  1. 色彩論の系譜
  2. CUS配色調和理論
  3. CUS配色調和を活かすテクニック
  4. パーソナルカラーと調和の原則
  5. パーソナルカラーの実際

パーソナルカラー2級

  1. 色彩と文化
  2. 色彩理論
  3. CUS配色調和理論
  4. 色彩を活かすテクニック
  5. パーソナルカラー

パーソナルカラー2級

  1. 色彩と文化
  2. 色彩理論
  3. 色彩とファッション
  4. パーソナルカラー
合格基準 70%以上の正答率
合格率
  • 1級:20%前後
  • 2級:50%前後
  • 3級:70%前後
試験日
  • 1級:11月
  • 2級:7月、11月、2月
  • 3級:7月、11月、2月
0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…

ピックアップ記事

  1. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  2. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  3. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
ページ上部へ戻る