登録販売者

登録販売者は、これまで薬剤師にしか認められていなかった一般用医薬品の販売を、リスクの高い一般用医薬品(第一類)を除いた一部の一般用医薬品(第二類・第三類)について販売することができます。この一般用医薬品を販売するためには、1名以上の薬剤師または登録販売者が営業中に店舗に常駐しなければなりません。これによりドラッグストア業界のみならず、スーパーマーケット業界、コンビニエンスストア業界等、小売業界で今最も注目されている資格の一つです。

登録販売者の試験内容

受験資格 高卒程度の学歴
試験内容
  • 医薬品に共通する特性と基本的な知識
  • 人体の働きと医薬品
  • 主な医薬品とその作用
  • 薬事関連法規・制度
  • 医薬品の適性使用・安全対策
試験日  都道府県ごとに年1回以上
試験方式 筆記試験 240分(120問出題)
合格基準  70%以上の得点、かつ、各科目で35%以下の科目がないこと
合格率  45%前後
0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
  2. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  3. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
ページ上部へ戻る