色彩検定試験

色彩検定試験とは、色に関する幅広い知識と技能を問う文部科学省後援の検定試験です。色彩検定試験では、色に関する幅広い知識と技能を学ぶことができます。

販売士と色彩検定試験

販売士受験者のなかには、販売士の受験に平行して色彩検定試験を受験している方がいます。その理由は、小売業において、色は重要な役割を果たしているからです。店頭の配色(壁や床など)についても取扱商品や企業イメージを配慮した色使いになっています。食料品を取り扱う店舗などでは、清潔感のある白で配色されているところが多いですし、高級ブランドの店舗では黒などの暗い色で配色されているところが多くなっています。また、同じ商品であっても色によって売れ行きが異なりますし、同じ色であってもどのような商品であるかによって売れ行きが異なっています。白っぽいものが流行っていたとしてもすべての商品で白のものが売れるのではなく、商品によっては黒っぽいものが売れることがあります。特にアパレル関係への就職を希望している方の人気がある資格です。販売士と色彩検定試験は、相乗効果の期待できる資格です。

色彩検定試験の試験内容

試験内容
  • 1級:2級と3級の内容に加え、色に関する事柄を十分に理解し、技能を持っている。
  • 2級:3級の内容に加え、色に関する基本的な事柄を理解し、技能を持っている。
  • 3級:色彩に関する基本的な事柄を理解している。
試験日
  • 1級:(一次試験)11月、(二次試験)12月
  • 2級:6月・12月
  • 3級:6月・12月
試験方式
  • 1級:(一次試験)マークシート方式(一部記述式)、(二次試験)記述式(一部実技)
  • 2級:マークシート方式
  • 3級:マークシート方式
合格基準 各級ともに70%前後(問題の難易度により前後します。)
合格率
  • 1級:30%前後
  • 2級:50%前後
  • 3級:70%前後
0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  2. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…

ピックアップ記事

  1. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  2. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  3. ファンクショナル組織の図解と長所と短所

    ファンクショナル組織とはライン組織にみられる包括的な権限と責任を職能別に分け、各担当者に付与する組織…
ページ上部へ戻る