アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処分する店舗のことをいいます。では、なぜ売れ残りや流行遅れになってしまった商品を自店ではなく、郊外の店舗でアウトレットとして販売する必要があるのでしょうか。郊外とはいえ、出店には多額のコストが発生します。そこまでしてアウトレットで販売するメリットはどこにあるのでしょうか。

流行は流れ行くもの

アパレルなどの流行品を取り扱う小売業では、売場には常に新商品を並べておく必要があります。同時に、在庫切れになってしまわないように一定量の在庫を常に保管しています。ただし、これらの商品の多くは、流行品であるため、すぐに市場のニーズに合わなくなってしまいます。流行はすぐに流れ行くものなのです。このように流行遅れになってしまった商品をいつまでたっても店頭に並べておくと、「流行遅れのブランド店」といった印象を与えてしまう恐れがあります。

値引販売は企業イメージをダウンさせる

流行遅れになってしまった商品があるなら、すぐに値引販売すれば良いのでは?と考える人がいるかもしれませんが、安易な値引販売は企業イメージをダウンさせます。常に閉店セールを実施しているお店を見たことありませんか?「売れていない店」という印象を受けませんでしょうか?

高価格で売れるということはブランド力があるということ

シャネルやヴィトン、エルメスなど一般的に一流といわれるブランドでは、値引販売は行っていません。これは、バーゲンなど値引販売をすると、その時期まで買い控えるという傾向があるだけではなく、定期的に値引販売をすると消費者は値引販売後の価格を通常の価格と感じるようになり、定価を割高と感じるようになる傾向があるからです。高価格で売れるということは、ブランド力があるということです。つまり、消費者に定価が割高と感じられてしまうということは、ブランド力が低下しているということを示しているのです。

アウトレットによりブランドイメージ低下を防止できる。

これらのことから、流行品を取り扱う会社では常に流行遅れになってしまった商品をブランドイメージを低下させることなく販売するための方法として正規の店舗以外の場所で販売することを考えました。あらかじめ消費者には「正規の店舗で取り扱うことができなくなった商品」というイメージを持ってもらうため、消費者はそのブランドに対してマイナスのイメージを持たれる恐れが軽減できます。正規店では常に流行商品が定価で陳列することができ、値引販売を実施する必要がなくなります。また、消費者の中には、そのブランドのものが欲しいが正規店では高くて買えない人もいます。そういった人にアウトレットとはいえ、商品を購入してもらい、商品の良さを肌で感じてもらうことができます。

このような理由から、アウトレットは、出口や掃き出し口というように言われています。

アウトレットストアを郊外に出店する理由

アウトレットが郊外にばかり出店しているのは、単に出店コストが安いだけではなく、正規店とは一定の距離を置くことでブランドイメージ低下の防止を図っています。また、アウトレットは複数ブランドと協力して出店するアウトレットモールで出店するのが一般的です。ブランドイメージの低下を防止するために多くのアウトレットモールでは洗練された店構えにしています。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…

ピックアップ記事

  1. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  2. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  3. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
ページ上部へ戻る