範囲の経済とは何か

範囲の経済とは複数の事業を同時に行うことにより経済的効率化を追求することをいい、シナジーと同じ意味です。小売店では、単一商品を取り扱うよりも関連する複数の商品を扱うことにより相乗効果があることを示す用語をいいます。

シナジー(相乗効果)とは?

シナジー(相乗効果)とは何かというと、どのような商品にも関連する商品が存在します。例えば精肉店の場合では、単独で精肉店を出店するよりも、八百屋や魚屋などと共同で出店する方が顧客が増加します。それは何故でしょうか?晩御飯の買物をする場合、いくらお肉が食べたいとはいえ、お肉だけを買うわけではありません。野菜や果物も買うことがあります。お肉だけを売っている場所へ行くよりも、色々な商品を取り扱っている場所で買物をしたいですよね。このように共同で出店することにより、精肉店の顧客が八百屋などで買物をすることがあります。これと同様に、八百屋の顧客が精肉店で買物をするかもしれません。複数の関連するお店を共同して出店することにより相乗効果が期待できます。

小売店の例。お酒のお店。単一の商品を取り扱うよりも複数の商品を扱うほうが顧客にとって魅力的な店舗になります。1種類のお酒しか置いていないお店より、1000種類のお酒を取り揃えているお店の方が魅力的ですよね。

ファミリーレストラン事業を経営する会社が単身者向けレストランを経営するなど、ある程度共通した事業を行う場合には、経営ノウハウや既存のブランドイメージを活用することができます。また、単身者向けレストランが成功してブランドイメージが高まるとファミリーレストラン事業のブランドイメージも高まる可能性があります。

これらを範囲の経済(シナジー効果)といいます。規模の経済と間違える人がよくいるので注意しましょう。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  3. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…

ピックアップ記事

  1. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  2. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  3. ライン組織の図解と長所と短所

    ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も…
ページ上部へ戻る