ジュエリーコーディネーター

ジュエリーコーディネーターとは、ジュエリー販売のスペシャリストを養成するための資格です。ジュエリーに関する知識を基に消費者に対して的確なアドバイスをできる知識を問う資格になっています。ジュエリーコーディネーターは、アパレルや宝飾品を扱う業種・業界では一定の評価を受けています。

販売士とジュエリーコーディネーター

宝飾店やアパレルへの就職を考えている人は、販売士だけではなくジュエリーコーディネーターも取得することで就職で有利になります。就職転職活動では2級以上で評価されているようです。難易度も高くなく、受験しやすい資格のひとつといえます。

ジュエリーコーディネーターの試験内容

受験資格
  • 1級:2級合格者
  • 2級:3級合格者
  • 3級:なし
試験内容
  • 2級:総合、素材、製造、商品、販売
  • 3級:総合、素材、製造、商品、販売
試験日
  • 1級:(1次)8月(2次)10月
  • 2級:3月と8月
  • 3級:3月と8月
試験方式
  • 1級:(1次)筆記試験、論文試験(2次)実技試験、面接
  • 2級:マークシート方式
  • 3級:マークシート方式
合格率
  • 1級:20%前後
  • 2級:40%前後
  • 3級:60%前後
0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  2. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…

ピックアップ記事

  1. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  2. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  3. レギュラーチェーンとボランタリーチェーンの違い

    レギュラーチェーンとボランタリーチェーンを混同する人が多いですが、両者は全く異なる組織形態です。 (…
ページ上部へ戻る