POP広告クリエーター

POP広告クリエーターとはPOP広告の技能と知識を問う民間資格です。POP広告とは店頭における商品説明の広告のことを言います。主にセルフサービスの店舗で設置されています。

セルフサービスの店舗で働く人には役立つ知識を学べる

POP広告はお客様に対して商品説明等を従業員に代わって伝えることができるため、スーパーなどのセルフサービス店舗で多く見られます。ただ、最近では売場にPOP広告が乱立しており、かつ、内容が稚拙なものが多く、お客様の購買意欲に効果があるかどうか疑問なものが多い。POP広告クリエーターはPOP広告を作成するにあたってのポイント等を学ぶことができるため、セルフサービスの店舗で働く人にとって有用な知識を学べる資格のひとつであると思います。

POP広告クリエーターの試験内容

試験内容 筆記試験(マークシート)・実技試験

筆記試験:30分

  1. 販売促進一般とPOP広告
  2. POP広告の種類と役割
  3. POP広告作成の一般知識
  4. POP広告に関する用具及び用紙
  5. 職務知識

実技試験:160分

POP広告作成技術

  1. レタリング
  2. 装飾文字による横長熟語
  3. ショーカード作成
  4. プライスカード作成
  5. ポスター風POP作成
合格基準 筆記試験・実技試験ともに60%以上の正答率
合格率 80%
試験日 8月と2月
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…

ピックアップ記事

  1. 範囲の経済とは何か

    範囲の経済とは複数の事業を同時に行うことにより経済的効率化を追求することをいい、シナジーと同じ意味で…
  2. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  3. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る