消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーとは、製品の安全性や使いやすさ、アフターサービスの重視など、消費者の意識・行動が大きく変化している昨今において、こういった消費者の意向を企業経営に反映させるとともに、消費者に適切なアドバイスを行うスペシャリストのことをいいます。

販売士と消費生活アドバイザー

販売士検定試験は、小売店側からの視点であるのに対し、消費生活アドバイザーは消費者側からの視点で勉強することができます。この消費者側の視点はとても大切なことで、販売員は、つい販売者側のみの視点で物事を考えてしまいがちです。消費者は販売者側の都合で商品を購入しているのではありません。こういった理由から、販売士検定試験を受験している人の中に、消費生活アドバイザーの資格を勉強している、又は、将来勉強したいという人がいます。

(注意)消費生活アドバイザーになるには、消費生活アドバイザー試験に合格した後、翌々年度中までに実務経験の証明(経歴書提出)、又は、実務研修の修了(修了証提出)が必要となりますので注意してください。

消費生活アドバイザーの試験内容

試験日
  • 1次試験:10月
  • 2次試験:11月
試験方式
  • 1次試験:筆記試験(択一試験)
  • 2次試験:論文試験及び面接試験
合格基準 未発表(70%が目安)
合格率 20%弱

2次試験に不合格した場合は、次年度の試験に限り、1次試験を免除することができます。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  2. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  3. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
ページ上部へ戻る