販売士FAQ 販売士が就職活動で役に立つのは本当ですか?

販売士が就職活動で役に立つのは本当です。販売士には実務で役に立つ知識を体系的に学べるため、小売業のなかには内定後、入社までの間に販売士3級の受験を義務付けているところもあります。これは販売士3級が小売業における基本的な知識を学ぶことができるだけはなく、社会人としての基本的なビジネスマナーも学ぶことができるからです。入社前に販売士3級の受験を義務付けるということは、これらの知識を入社までに身に付けておいて欲しいということです。しかし、これでは会社側からのアプローチにより内定者に対して受験を促している状態です。内定者は受験に対して受け身です。もし、面接時に既に販売士に合格していたら会社側はどのように感じるでしょうか?会社は仕事に対して積極的な人を評価します。会社が求めている知識を積極的に身に付けようとしている人を評価しない会社はありません。

高校生、短大・大学生の新卒者は、販売士3級でも十分役に立ちます。中途採用の場合は、販売士2級以上の合格を目指しましょう。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン…
  2. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  3. ファンクショナル組織の図解と長所と短所

    ファンクショナル組織とはライン組織にみられる包括的な権限と責任を職能別に分け、各担当者に付与する組織…
ページ上部へ戻る