販売士FAQ 販売士が就職活動で役に立つのは本当ですか?

販売士が就職活動で役に立つのは本当です。販売士には実務で役に立つ知識を体系的に学べるため、小売業のなかには内定後、入社までの間に販売士3級の受験を義務付けているところもあります。これは販売士3級が小売業における基本的な知識を学ぶことができるだけはなく、社会人としての基本的なビジネスマナーも学ぶことができるからです。入社前に販売士3級の受験を義務付けるということは、これらの知識を入社までに身に付けておいて欲しいということです。しかし、これでは会社側からのアプローチにより内定者に対して受験を促している状態です。内定者は受験に対して受け身です。もし、面接時に既に販売士に合格していたら会社側はどのように感じるでしょうか?会社は仕事に対して積極的な人を評価します。会社が求めている知識を積極的に身に付けようとしている人を評価しない会社はありません。

高校生、短大・大学生の新卒者は、販売士3級でも十分役に立ちます。中途採用の場合は、販売士2級以上の合格を目指しましょう。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…

ピックアップ記事

  1. レギュラーチェーンとボランタリーチェーンの違い

    レギュラーチェーンとボランタリーチェーンを混同する人が多いですが、両者は全く異なる組織形態です。 (…
  2. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  3. アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン…
ページ上部へ戻る