販売士FAQ 忙しくて机で勉強できません。合格できますか?

販売士2級3級なら工夫次第で合格は十分可能です。こまぎれ時間を活用しましょう!通勤通学時間、仕事などの休み時間等に販売士ハンドブックや問題集を読んでください。5分、10分でも積み重ねると何時間にもなります。工夫次第でこまぎれ時間だけでの合格も可能です。販売士は勉強すれば合格することができる資格です。仕事などが忙しく、机に向かって勉強できないからといって諦めてしまわず、勉強を続けていれば合格できます。私もそうでしたが、販売士受験生の中には販売士ハンドブックを数冊に切り裂いて持ち運んでいる人がいます。販売士ハンドブックって鞄の中などに常時携帯しておくにはチョット重たいですしね。章毎に分割すると軽くて持ち運びしやすいですよ。それに販売士は電卓を使用しなければ解答できないような高度な計算問題は少ないので、机に向かって勉強しなくても試験範囲の90%は勉強できます。残りの10%を土日などの休みの日に補えば十分合格レベルの知識が身につきます。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. 範囲の経済とは何か

    範囲の経済とは複数の事業を同時に行うことにより経済的効率化を追求することをいい、シナジーと同じ意味で…
  2. アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

    アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処…
  3. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る