販売士FAQ 販売士2級3級は一夜漬けでも合格できる?

販売士2級3級は一夜漬けでも合格できると聞きましたが本当ですか?

一夜漬けでも合格できるがオススメはしない

私が教えた人の中にも販売士3級を3日間の勉強で合格した人がいましたが、その人はその3日間ひたすら販売士の問題を解き、販売士公式テキストを読み、試験に間に合わせたそうです。こう聞くと「1、2週間もあれば合格できるのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、私はその方法はオススメしていません。その理由は、次の通りです。

  1. 勉強時間が短期間であるため、不測の事態に備えられないこと。
    もし、その期間内に体調不良や仕事が忙しいなどの理由で勉強できなければ、合格レベルに達しないまま受験しなくてはならないこと。
  2. 試験直前まで合格できるかどうかわからないこと。
    受験生の中には就職活動対策や会社の指示により受験してる方がいます。このような方は時間的余裕がなく、なるべく早い段階で合格しなければなりません。そうでなければいざ就職活動でアピール材料にしようと思っていても、資格取得時には就職活動が終了していたり、会社の同期が合格しているのに自分だけが合格していない…という事態に陥ってしまします。これはとてもマイナスイメージです。
  3. 私の経験上、ある程度の期間を通じて勉強してきた人より合格する確率が低いこと。
    私も多くの方を教えてきましたが、本試験前に成績が伸びてきた人よりも、安定して成績が良い人のほうが確実に合格しています。
  4. 結局、総勉強時間が変わらないこと。
    1、2週間で勉強した人も、2ヶ月程度かけて勉強した人も、結局試験当日までの勉強時間はあまり変わりません。にも関わらず、短期間で勉強した人の合格率は、長期間かけた人に比べて低いのです。
  5. 勉強で得た知識が頭に残りにくいこと。
    短期間で覚えた知識は短期間で忘れていきます。もし、今回受験する級のみで将来上級資格などの受験を考えていないのであれば、短期間の勉強方法もいいのかもしれませんが、将来上級資格の受験を考えているのであれば、ある程度の期間をかけて勉強するほうが将来の資格勉強で役に立ちます。

このような理由から、私はある程度の勉強期間を設定することをオススメしています。

+1
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
  2. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  3. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
ページ上部へ戻る