販売士FAQ 販売士ハンドブックが難しくてわかりません。

販売士3級を初めて勉強します。販売士の公式ハンドブックであるカリアックのテキストが難しくてわかりません。

販売士ハンドブックの理解には勉強法がある

たしかに販売士の初学者には販売士ハンドブックは専門用語が多くて初めて読むと訳がわからないと思いますが何度か読んでいくうちに徐々に理解できるようになってきます。特に初めて販売士を勉強する人は、一度読んだだけで内容を完全に理解するのは不可能です。

まずはさらりと流し読みをして、全体像を把握しましょう。安心してください。誰しも最初は意味がわからないもので、勉強が進むにつれてわかるようになります。流し読みが終わったら一度問題を解いてください。問題を解いたら、間違えた箇所、わからなかった箇所をカリアックのテキストで調べて該当箇所をマーカーなどで線引きしましょう。そして出題箇所を再度読み直してください。

この後は、「問題を解く」→「マーカーを引く」→「出題箇所を読む」を繰り返してください。数週間後にはカリアックのテキストを理解できています。最初は大変かもしれませんが販売士は勉強すれば合格できる資格です。頑張ってください。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  2. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る