販売士FAQ 販売士は3級から受験するべきですか?2級からの方が良いですか?

販売士には受験資格が無いためどの級からでも受験できます。販売士を何級から受験した方が良いのかは、販売士を受験するあなたの目的によって違います。

  • 就活対策なのか?
  • 会社から指示されているのか?
  • 自己啓発なのか?
  • 将来、中小企業診断士試験などを見据えているのか? など

就活対策なら

就活対策として販売士を受験するのであれば販売士2級と3級を受験するべきです。当然の事ですが、就活では販売士3級よりも販売士2級の方が評価されます。だからといって販売士2級オンリーで受験して、万が一不合格になったら無資格です。そのようなことがないように私なら販売士2級と販売士3級を同時並行に勉強して両方とも受験します。

会社から指示されているなら

会社から販売士受験を指示されているなら指示されている級から受験します。なぜなら、もし販売士2級合格を言われているのに3級に合格したところで「で?2級はどうしたの?」と言われるだけで、会社からすると「販売士3級を勉強する時間があるならなぜ2級の勉強をしなかったの?」と評価を下げてしまう恐れがあります。もし私が会社から販売士2級を受験するように指示されたのであれば何があっても絶対に販売士2級から受験します。

自己啓発なら

販売士受験が単なる自己啓発であれば販売士3級から受験した方が良いと思います。販売士は各級で学ぶものが違っていて、それぞれの級で流通業界(主に販売業)で役立つ知識を学べるため、それぞれの級を勉強した方がより知識が深まるはずです。

将来、中小企業診断士試験を目指しているなら

販売士受験生の中には、将来、中小企業診断士試験を受けるためのステップとして販売士受験を考えている人がいます。もしそうであれば、私は販売士3級も受験した方が良いと思います。先にも書きましたが、販売士2級と3級はそれぞれで学ぶものが違っているので、販売士2級を勉強したらといって3級も勉強したことになるわけではありません。流通業界の知識を深めることを考えると販売士3級も受験した方が良いと思います。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…

ピックアップ記事

  1. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  2. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  3. ライン組織の図解と長所と短所

    ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も…
ページ上部へ戻る