販売士FAQ 販売士の合格には専門学校に行くべきですか?

販売士に合格するには専門学校や予備校で講座を受講しないといけませんか?

販売士は独学でも合格できます。

販売士は予備校などの講座を受講しなくても合格できます。もちろん講座を受講した方が合格しやすいですが、絶対に必要というわけではありません。勉強が苦手、仕事等の関係で絶対に合格しないといけない、などの人は販売士講座を受講した方が合格しやすいと思いますが、そうではない人は独学でも合格できます。それに販売士2級3級はそれほど難易度が高い試験ではなく、真面目に勉強すれば合格できるレベルの試験です。勉強法とテキストを間違えなければきっと合格できるはずです。

私が受験生のときは販売士の講座があるところが多かったですが、販売士受験生の多くが独学受験になっていることもあって、講座を開講しているところが減ってきました。講座の方が勉強は楽ですけど、その分だけお金がいりますからね。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. ライン組織の図解と長所と短所

    ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も…
  2. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  3. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
ページ上部へ戻る