販売士FAQ 販売士と同時に他の資格も受験して合格できる?

現在、販売士とは別の資格を勉強していますが、同時に受験して両方とも合格できますか?

試験日が重複していないのであれば、努力次第で同時合格は可能です。私が教えていた生徒の中にも秘書検定簿記検定ビジネス実務法務検定などの資格を同時に受験して合格した人を何人も見てきました。私自身も複数の資格を同時に勉強して全てに合格した経験がありますし、工夫すれば販売士以外に他の資格を並行して勉強できます。特に学生であれば勉強時間はあると思うので、複数試験の同時受験同時合格は可能です。

ビジネス実務法務検定やビジネス会計検定試験など、販売士と学習内容が重複する資格については、2つの資格を同時に受験する方がより勉強の理解が深まると思います。それに試験は年に何回もないですし、「あの時に資格を取っていれば…」とならないように勉強できそうであれば、是非チャレンジするべきだと思います。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
  2. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  3. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る