販売士FAQ 販売士の合格率はどのくらいですか?

販売士検定試験の合格率は、例年

  • 販売士3級:50%前後
  • 販売士2級:40%前後
  • 販売士1級:10%前後

となっています。ただし、これは試験の主催者が発表している合格率で、実際の合格率とは違います。どういうことかというと、販売士受験生の中には記念受験など試験当日に合格レベルに達していない受験生も含まれています。そもそもこういった人は合格する可能性がない人であって、このような人を含めた合格率はあまり意味がないように思います。私の経験上、販売士3級・2級ではある程度勉強した人の合格率は80%程度、しっかりと勉強した人は、ほとんどの人が合格しています。販売士1級も努力次第で1発合格も十分可能です。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…

ピックアップ記事

  1. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  2. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  3. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
ページ上部へ戻る