販売士FAQ 販売士は役に立ちますか?

難しい質問ですが、少なくとも、就職活動では大きな武器となります。というのも、販売士検定試験は、弁護士や公認会計士、税理士などとは違い、独占業務を与えられる資格ではないため、資格取得後にどのように役に立つかは、資格取得後の本人の努力によるからです。

そのため、人によると「とっても役に立っています。」と言う人もいますし、反対に「何の役にも立っていない。」と言う人もいます。しかし、私の場合はとても役に立ちました。2001年の就職氷河期に、資格取得後の就職活動はとても順調でした。集団面接では、私に話が集中しますし、面接官にも販売士を取得したことに対して必ず褒められました。

企業の採用担当者は、毎日多くの学生と面接します。採用担当者は、面接をしてお金を稼いでいるわけですから、面接のプロです。学生が書いているうわべの文章や言葉は、すぐに見抜かれてしまいます。それに、どの学生も書いていることは違えども、その内容をみるとどれも同じような内容のものが多いものなのです。

その中で明確な差別化を図るためにはどうすればよいのでしょうか?最も簡単でわかりやすいものが資格ではないでしょうか?

例えば、学生が「モノを売ることが好きで小売業を希望しています。」と言うとしても、その学生が販売士を勉強しているかどうかにより説得力に大きな違いがあります。それは、「モノを売ることが好き」ということは誰にでもできることだからです。

少なくとも企業は、学生の積極的な姿勢を応援してくれるはずです。就職活動では役に立ちます。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…

ピックアップ記事

  1. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  2. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  3. アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン…
ページ上部へ戻る