販売士FAQ 販売の仕事をしている方が有利ですか?

販売士は販売の仕事をしている人の方が合格しやすいのでしょうか?

販売士2級3級ならあまり関係が無い

もしあなたが販売士2級3級を受験するのであれば、販売の実務経験の有無はあまり関係が無いと思います。たしかに販売の実務経験がある方が専門用語を理解しやすいでしょうが、僅かな差で、合否に影響が出るようなものではありません。販売士2級3級は実務経験の有無は関係なく、勉強すれば殆どの人が合格できますよ。

販売士1級は難易度が上がるので実務経験の有無が合否で影響すると思います。私は大学生の時に受験して合格しましたが、専門用語を理解するのに結構苦労しました。当時はネットも普及しておらず日経流通新聞や日経ビジネス等の経済誌、日経文庫を読んだりしました。まぁ、今はわからない用語があればネットで検索できますし、以前ほど実務経験の差が無いかもしれません。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  2. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
  2. アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

    アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処…
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る