販売士FAQ 販売士の過去問題はどこで入手できますか?

販売士検定試験の過去問題は日経流通新聞に掲載され、過去の日経流通新聞は図書館などに行くと閲覧できるところがあります。図書館になければ、市販の過去試験問題集も販売されているので書店などで購入しましょう。販売士を受験する人は必ず過去問題を手に入れるべきです。販売士は毎回、同じような問題がいくつも出題されていて、過去に出題された項目と同じような問題が出題されています。そのため過去問題は過去数回分は手に入れて早い段階でときましょう。ユーキャンなどの予備校に通っている人は予備校から過去問題をいくつかもらうことができます。我々講師も講義で使用する問題を作成するときは、過去問題を参考に問題を作成します。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  2. アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

    アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処…
  3. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
ページ上部へ戻る