販売士FAQ 販売士の用語等がなかなか覚えられません。何かコツはありますか?

販売士ハンドブックに書いていることを覚えるためには、反復練習しかありません。何度もテキストを読み、何度も問題を解くことが販売士合格のコツです。特に勉強が久しぶりという人や学生は販売士特有の専門用語を覚えるのに苦労する人が多いようですが、何度も反復練習を繰り返していくうちに覚えていきます。受験生の中には自分の「記憶力」を問題にする人がいますが、販売士合格に記憶力は関係なくて、大切なのは勉強を継続することです。私が教えた生徒のなかにも「暗記が苦手で…」という人がいましたが、勉強を続けることで販売士3級、販売士2級に合格していました。その後、ビジネス実務法務検定や簿記検定にもチャレンジして合格したと聞きました。人によって覚える力の能力差はあるかもしれませんが、販売士に合格できないほど覚える力がない人はいません。

販売士の用語暗記のコツは反復継続練習です。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…

ピックアップ記事

  1. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
  2. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  3. アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン…
ページ上部へ戻る