販売士FAQ 販売士の勉強方法にはどのようなものがありますか?お勧めは?

販売士検定試験の勉強方法として考えられるのは、

  1. 通学講座
  2. 通信講座
  3. 独学 が考えられます。

いずれの方法にも長所・短所がありますので、ご自身のタイプを考えて選択してください。私のお勧めは2級3級は独学、1級は予備校受験です。というのは、販売士1級は販売士2級3級とは異なり外販の問題集が多くなく、試験もマークシートだけではなくて記述式の問題も出題されます。マークシートだけの試験であれば、カリアックの公式テキストにマーカーを引くなどして、自作の問題を作成できますが記述式の対策が難しいです。

また、販売士は出題に一定のサイクルがあります。予備校では過去の出題を分析して予想問題を作成しているため、効率的に学習できます。特に記述式の問題は、独学の人と予備校に通っている人とでは圧倒的に差があります。販売士1級を受験する人はできる限り予備校に通うべきだと考えています。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  2. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  3. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…

ピックアップ記事

  1. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  2. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  3. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る