販売士FAQ 販売士2級3級の試験方式はマークシートで数字を塗りつぶす形式ですか?

販売士2級と3級の解答はマークシート方式です。販売士2級3級ではいくつか計算問題が出ますが、解答は計算結果を数字のマークシートに記入する問題と、いくつか択一式になります。択一式の場合は5択くらいで似たような数字が並んでいるので、そのうち正確なものを選択するようになっています。

マークシート方式と聞くと「勉強していなくても合格できるかも!?」と思うかもしれませんが、計算問題はしっかりと勉強しないとどれが正しい解答かわかりません。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  2. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  3. アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン…
ページ上部へ戻る