マッカーシーの4Pとは、顧客満足を①製品(Product)、②価格(Price)、③場所・流通経路(Place、④販売促進(Promotion)に分けて考え、これらがマーケティングを行うときの重要な要素になるとする考え方です。

マッカーシーの4P 図

マッカーシーの4P

マッカーシーの4P 解説

上記のようにマッカシーの4Pは製品、価格、販売促進、場所が重要な構成要素になります。これを流通業で考えると次のようになります。

 製品
 顧客ニーズに合致した商品を仕入れ、かつ、品ぞろえを充実させること。
顧客は専門性を望んでいるのか、多様性を望んでいるのか等
 価格
 適切な価格で販売すること。
高すぎても安すぎても顧客は離れてしまいます。
 場所・流通経路
 適切な立地に出店すること。
適切な流通経路で商品を仕入れること。
 販売促進
 広告宣伝やPOPなどの適切な販売促進を行うこと。
不用意な値引販売を行わないこと。
0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. ファンクショナル組織の図解と長所と短所

    ファンクショナル組織とはライン組織にみられる包括的な権限と責任を職能別に分け、各担当者に付与する組織…
  2. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
  3. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
ページ上部へ戻る