プロダクトライフサイクルと各段階の解説

プロダクトライフサイクル

製品ライフサイクルともいう。市場に投入される製品にはライフサイクルというものがあり、市場導入期、市場成長期、市場成熟期、市場衰退期に分けることができる。

プロダクトライフサイクルの図

プロダクトライフサイクル

  • A:市場導入期
  • B:市場成長期
  • C:市場成熟期
  • D:市場衰退期

市場導入期

市場導入期とは、商品や製品が市場に導入された時期をいう。一般的にこの時期の商品や製品は認知度が低く、売上高が低調である。

市場成長期

市場性長期とは、商品や製品が市場で認知され、売上高が増加する時期をいう。一般的にこの時期は、売上高が急増するが、CM等の広告宣伝費や販売促進費も必要なため利益は成熟期に比べて小さい。なお、市場性長期では販売数が急成長する時期なので、新規参入業者が増加する傾向にあり、この時期に在庫管理を徹底して欠品を防がないと、顧客が流出してしまう恐れがある。

市場成熟期

市場成熟期とは、商品や製品の認知度が市場で十分に浸透し、売上高・利益共に安定する時期をいう。一般的にこの時期では大きな広告宣伝や販売促進をしなくても一定の売上高を見込めるが、競争が激しいため油断をすると成熟期が短くなってしまう恐れがある。

市場衰退期

市場衰退期とは、商品や製品が市場のニーズと合わず、売上が減少していく時期をいう。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  3. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…

ピックアップ記事

  1. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
  2. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  3. 範囲の経済とは何か

    範囲の経済とは複数の事業を同時に行うことにより経済的効率化を追求することをいい、シナジーと同じ意味で…
ページ上部へ戻る