損益分岐点売上高、変動費と固定費の解説

販売士2級の科目の中でも苦手な人が多い損益分岐点分析。損益分岐点売上高とは、損益がゼロになる売上高のことです。

損益分岐点売上高とは

損益分岐点売上高とは、損益がゼロとなる売上高のことです。つまり、損益分岐点売上高とは損失も利益も生じない売上高のことです。

損益分岐点

損益分岐点売上高の計算方法は、次のとおりです。

損益分岐点 計算式

固定費と変動費の具体例

固定費とは、売上の大小に関わらず発生する費用のことです。

例えば、お店を経営しているとして、お店の賃借料(家賃)は売上の大小に関わらず発生します。なので、固定費。毎月決まって(固定して)いる費用のこと。これに対して、変動費とは売上高の変動に応じて変化する費用のこと。例えば、原材料費。たくさん商品が売れるとその分だけ商品を仕入れる必要があります。なので変動費。毎月決まっていない(変動する)費用。わかりやすく説明すると、携帯電話料金を思い浮かべてください。基本使用料はどれだけ通話するかに関わらずかかりますよね。つまり、基本使用料は固定費です。通話料は、通話時間に応じて毎月変動しますよね。つまり、通話料は変動費です。

変動費比率

変動費比率とは、売上高に占める変動費の割合のことです。変動比率の計算方法は次のとおりです。

損益分岐点 変動費比率

つまり、損益分岐点売上高は次のように考えることができます。

損益分岐点 損益分岐点売上高

限界利益率

限界利益とは売上高から変動費を控除したものです。この限界利益を売上高で除することで限界利益率を計算します。また、限界利益率は、1-変動比率 により計算することができます。つまり、損益分岐点売上高は次のように考えることができます。

損益分岐点 限界利益

+1
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…

ピックアップ記事

  1. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  2. アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

    アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処…
  3. レギュラーチェーンとボランタリーチェーンの違い

    レギュラーチェーンとボランタリーチェーンを混同する人が多いですが、両者は全く異なる組織形態です。 (…
ページ上部へ戻る