販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフに関する問題を出題すると正答率が低下します。

棒グラフの特徴をつかむ

グラフを理解するためにグラフ全体を覚える必要はありません。折れ線グラフ、棒グラフなど、いずれのグラフにも特徴があります。このページでは、棒グラフの特徴の読み方を解説します。

棒グラフ

bouguraf

棒グラフは基本的に構成割合を図表化したものですので、最も大きい割合のものをチェックしましょう。最も大きい割合の項目名、比率は必ずチェックしましょう。項目が多い棒グラフについては、上位3項目の項目名、比率をチェックしましょう。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  3. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…

ピックアップ記事

  1. ラインアンドスタッフ組織の図解と長所と短所

    ラインアンドスタッフ組織とは、ライン組織の活動を促進するためにライン組織に対して助言、サポートするス…
  2. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る