販売士1級の記述式対策

販売士1級試験には記述式の問題が出題され、受験生の多くがこの記述式問題を正答できずに不合格になっています。

キーワードを公式テキストの言葉でまとめる

販売士1級の記述式対策で一番良いのが公式テキスト(販売士ハンドブック)に記載されている文章からキーワードを抽出し、それを公式テキストの言葉で自分でまとめることです。記述式の問題は本当の意味で内容を理解していないと解答することができません。そのため受験生の多くが最初に試みるのが「公式テキストの丸暗記」ですが、販売士1級の公式テキストは専門的な用語が多いので記述式対策のために一言一句覚えるのは大変…相当の努力が必要です。丸暗記が難しいからといって自分の言葉で解答すれば、大切なポイントが抜けていたり、思い違い等で減点され点数が伸びません。

ではどうすれば良いのかというと、一番良い記述式対策は出題されそうなキーワードを公式テキストの文章でまとめることです。公式テキストで書かれている文章をまとめるので大切なポイントが抜けるリスクが少なくなります。

キーワードの見つけ方

キーワードの見つけ方ですが、ただ公式テキストを眺めているだけでは見つかりません。過去問題や市販の問題集でよく出題されている用語を探し出しましょう。出題頻度が高いということは重要なキーワードだということです。

出題頻度の高いキーワードを丸暗記

過去問題や市販の問題集で出題頻度が高いキーワードは自分でまとめた文章を丸暗記しましょう。頭の中でスラスラ言えるレベルまで覚えて下さい。私は受験生時代に自作のキーワード集を作成して常に携帯して覚えていました。

キーワードが見つけられないという人はキーワード集が売っている

過去問題や問題集を見てもキーワードを見つけられないという人はキーワード集が売っていますのでそれを活用してみてはいかがでしょうか。私が受験生のときは販売士1級の教材が無くて困りましたが、最近はいくつか販売されています。キーワード集はこちらから

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

    アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処…
  2. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る