販売士1級はハンドブック無しで合格できる?

販売士1級はハンドブックから70%以上出題されるとはいえ、ソコソコ良い値段です。受験生の中にはハンドブックなしで受験しようと考えている人もいると思います。

販売士1級はハンドブックが無くても合格できるが無いと合格は一段と難しい

販売士1級は販売士ハンドブックから70%以上出題されるため、受験生の多くがこのハンドブックを中心に勉強しています。私も受験生のときは販売士ハンドブックを中心に勉強していましたし、これが販売士1級合格の王道の勉強法だと思います。

ただし、販売士1級はハンドブックが無ければ合格できないというわけではなく、ハンドブックを使わずに市販の問題集のみでも合格できます。…が、合格は一段と難しいと考えて間違いありません。販売士1級は2級3級に比べると難易度が格段に高く、問題集だけで1級の内容を理解するのは難しいと思います。たしかに販売士ハンドブックは高いかもしれませんが、不合格になるリスクと勉強非効率による負担増を考えると良い選択とは言えないと思います。

どうしても販売士ハンドブックを買わない!という人は

どうしても販売士ハンドブックを買わずに勉強するという人は、問題集は多めに買いましょう。問題集がバラバラになってしまうくらい解きまくり、解答解説も読みまくりましょう。記述式対策はキーワード集がオススメです。キーワード集はこちらから

ネットよりもキーワード集の方がオススメです。本の方が信憑性がありますしね。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…

ピックアップ記事

  1. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  2. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  3. アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン…
ページ上部へ戻る