PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次の4つに分類しています。

  1. 問題児 (Wild Cat)
  2. 花形製品 (Star)
  3. 金のなる木 (Cash Cow)
  4. 負け犬 (Dog)

PPMの図では、縦軸に市場成長率をとり、横軸に市場占有率をとります。

PPMの図

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

問題児

問題児とは、市場成長率は高いが、相対的市場占有率が低いものをいう。市場成長率が高いため、市場シェアを拡大することができれば花形商品にすることができる。しかし、市場シェアの拡大に失敗すると負け犬になってしまう。

花形

花形とは市場成長率が高く、かつ、相対的市場占有率も高いものをいう。高成長であるため研究開発費や広告宣伝費にある程度大きな費用がかかるため利益には貢献しない。

金のなる木

金のなる木とは、市場成長率は低いが、相対的市場占有率が高いものをいう。成長率が低くくなるにつれて研究開発費等の費用も少なくなるため、利益を確保することができるようになります。この金のなる木で得た利益を問題児や花形に投資して、次の金のなる木をつくらなければいけません。

負け犬

負け犬とは、市場成長率が低く、かつ、相対的市場占有率が低いものをいう。これに分類される商品や製品は早期に撤退した方が良いとされています。

0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…

ピックアップ記事

  1. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  2. アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

    アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処…
  3. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る