販売士FAQ 高校生でも販売士に合格できますか?

高校生ですが就活対策として販売士を受験しようと思いますが、高校生でも合格できますか?

高校生でも勉強すれば販売士は合格できる!

販売士には受験資格は無く、誰でも受験できる資格試験です。また、「販売士合格率」「販売士合格率の実態」を見てもわかる通り、販売士の難易度は高くなく、特に販売士3級の難易度は高校生にとっても低いと感じるレベルです。高校生という事なので、おそらく販売士3級を受験すると思いますが、私の経験でいうと、高校生でも真面目に勉強すれば殆どの受験生が合格できると思います。販売士3級はそのくらいの難易度です。

大切なのはテキストと勉強法を間違えないこと

販売士受験で大切なのはテキストと勉強法を間違えないことです。販売士3級の勉強法やテキストは当サイトで紹介しているものを参考にして下さい。私が受験生のときに実際に使っていたテキストなどを紹介しています。

販売士おすすめテキストなど

販売士の合否は年齢や学歴によるのではなく、勉強するか否かです。高校生でも一生懸命勉強すればきっと合格できるはずです。

スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  3. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…

ピックアップ記事

  1. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  2. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
  3. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
ページ上部へ戻る