販売士FAQ 高校生でも販売士1級に合格できますか?

高校生でも販売士1級に合格できるのでしょうか?

たまに販売士1級に合格している高校生がいる!

多くはありませんが、販売士1級に合格している高校生はいます。販売士1級は2級3級に比べると難易度が高く、経験豊富な社会人でも合格は簡単ではありませんが、それでも合格している高校生はゼロではありません。高校生の社会経験といえばアルバイトくらいで、販売士1級で勉強する内容をイメージするのが難しく、これが販売士1級の勉強内容の理解を妨げる要因になっています。しかし、高校生には社会人よりも多くの勉強時間があります。販売士1級の試験は毎年2月中旬にあり、高校生だと12月下旬から1月上旬まで冬休みがあります。この長期休みは大きなアドバンテージです。

高校生にとって販売士1級は難しいと思いますが、絶対に不可能なレベルの試験ではなく、努力次第で合格できるはずです。それに高校生で販売士1級に合格したら結構注目を集めますよ。社会人でも多くの人が不合格になる試験ですからね。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. ライン組織の図解と長所と短所

    ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も…
  2. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  3. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
ページ上部へ戻る