マトリックス組織の構造と長所と短所

マトリックス組織とは、特定の問題を解決するために機能別組織とプロジェクトチームを複合させた組織のことです。

マトリックス組織の構造

マトリックス組織

このようにマトリックス組織は、機能別組織とプロジェクトチームによるタテとヨコの複合組織になっています。

マトリックス組織の長所・短所

マトリックス組織の長所

  1. 特定の問題を解決することができる。
  2. 機動性と柔軟性がある。
  3. 市場にきめ細かく対応することができる。
  4. 横との繋がりを密にすることができる。
  5. 従業員の視野の拡大を図ることができる。

マトリックス組織の短所

  1. ワンマンツーボスシステムといわれるように責任の所在が不明確になりやすい。(指令系統統一化の原則に反している。)
  2. 上司(ツーボス)間の調整を図る必要がある。

ワンマンツーボスシステムとは、1社員に対して機能別組織の上司とプロジェクトチームのリーダーが2人(ツーボス)いることをいいます。

0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…

ピックアップ記事

  1. ラインアンドスタッフ組織の図解と長所と短所

    ラインアンドスタッフ組織とは、ライン組織の活動を促進するためにライン組織に対して助言、サポートするス…
  2. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  3. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
ページ上部へ戻る