販売士3級を安く合格したい人が揃えるテキストや参考書は

販売士3級の受験費用を安く抑え、かつ、合格したい人が揃えるべきテキストや参考書は次の通りです。

  1. 販売士3級の過去問題集
  2. 販売士3級の問題集

テキストや参考書と書きましたが、実際に買うのは過去問題集と問題集です。参考書は問題集の解説を読めば大体分かると思います。なお、販売士3級は販売士ハンドブックから90%以上出題されるため、本当はこの販売士ハンドブックを使って勉強するのが一番ですが、ハンドブックは約7,000円と高く、今回は「受験費用を安く」ということなので、これを省略しています。

過去問題と問題集を解きまくる!

本当は販売士3級に合格したいのであれば販売士ハンドブックで勉強するのが一番です。特に将来、販売士2級や1級を受験するのであれば、やはり3級の知識をしっかり身に付けておかないと後々苦労すると思います。

ただ、「販売士3級に合格する」ということであれば、販売士ハンドブック無しでも合格できます。この場合の勉強法は「販売士3級をハンドブック無しで勉強する場合」でまとめているので省略しますが、販売士3級をハンドブック無しで合格するためには過去問題と問題集が必須です。特に過去問題集は必ず買うべきです。販売士は何度も同じ問題が継続して出題されており、過去問題を何回分か解くことで試験傾向がわかります。私なら過去問題を5回分以上、できれば10回分購入。問題集は1冊~2冊買って、両方とも最低でも5回以上は解き直しをします。

販売士3級の講座は商工会議所などで開講していますが、費用は大体20,000円以上です。これに対して、ここで紹介しているテキストだとおそらく5,000円程度で済むのではないでしょうか。

販売士3級のオススメ過去問題集と問題集はこちらでまとめています。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…

ピックアップ記事

  1. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  2. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  3. アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン…
ページ上部へ戻る