垂直的統合と水平的統合について分かりやすく解説します。

ボランタリーチェーンにおける垂直的統合と水平的統合について説明します。

まずは商品がどのようにして流れていくか

卸売業者が主宰するボランタリーチェーンを垂直的統合といい、小売業者が主宰するボランタリーチェーンを水平的統合といいます。次の図は製造業者が生産した商品が消費者にわたるまでの流れです。これを見ると、なぜ卸売業者が主宰するのが垂直で、小売業者が主宰するのが水平であるのかが一目瞭然です。

ボランタリーチェーン 垂直的統合

製造業者が生産した商品は、このようにして消費者にわたります。

垂直的統合と水平的統合 図解

垂直的統合とは、読んで字のごとく、垂直的に協同関係を結ぶことをいい、水平的統合とは水平的な協同関係をいいます。

ボランタリーチェーン 垂直的統合と水平的統合

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
  2. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る