販売士3級合格に理想の勉強期間と勉強時間

受験勉強というのは短すぎても長すぎても良くなくて、適度な勉強期間と勉強時間というものがあります。そこで販売士3級に合格するために理想的な勉強期間と勉強時間について説明します。

販売士3級の合格に理想の勉強期間と勉強時間

販売士3級に合格するための理想の勉強期間と勉強時間は次の通りです。

  • 勉強期間:2ヶ月
  • 勉強時間:50時間

受験生によって理想的な勉強時間と勉強期間には個人差があると思いますが、初めて販売士を勉強する人の勉強時間と勉強期間はこのくらいではないでしょうか。なお、受験勉強というのは短すぎても長すぎても良くないのです。勉強時間や勉強期間が短いと悪いのはわかると思いますが、なぜ勉強時間や勉強期間が長いのが良くないのでしょうか。私も受験生の時は「たくさん勉強した=成績が上がる」と思っていましたが必ずしも勉強時間・勉強期間が点数に繋がりません。

そこでまずは勉強時間と勉強期間が短い場合の問題点から説明していきます。

勉強期間と勉強時間が短い場合の問題点

販売士3級は難しい試験ではないですが、適当に勉強して合格できるほど簡単な試験ではなくて、やっぱりある程度は勉強しないと合格できません。勉強期間と勉強時間が短い人の代表例として試験直前の一夜漬け受験というものがあります。販売士3級受験生でたまに見かけるのですが、本試験1週間くらい前まで全く勉強せずに試験直前期になって慌てて勉強を始める人がいます。このように勉強期間と勉強時間が短い場合は次のような問題が生じます。

勉強期間と勉強時間が短いと応用問題が解けない!

短期集中というと聞こえが良いですが、このような短期集中の勉強だとどうしても表面的な知識しかなくて応用がきかず、少し捻った問題が出ると途端に正答できなくなってしまいます。販売士3級は難しくはないですが、たまに捻った問題が出ることがあって、その割合が多い場合に合格点が取れなくなってしまいます。

勉強期間と勉強時間が短いとせっかく勉強したこともすぐに忘れてしまう。

勉強で得た知識というのは覚えた勉強期間と勉強時間に比例して忘れてしまいます。しっかりと勉強期間と勉強時間をかけてした知識はなかなか忘れませんが、短時間・短期間で勉強した知識はチョットしたことで忘れてしまいます。販売士3級の試験合格だけが目的ならそれでも良いですが、将来、販売士2級の受験を考えている人や、販売士3級の知識を仕事で活用したい人はある程度時間をかけて勉強するべきです。せっかく貴重な時間を使って勉強したのに販売士3級の試験だけでしか使えないなんて勿体ないです。

勉強時間と勉強期間が短いと試験前の不測の事態に対処できない。

勉強期間と勉強時間が短いということは試験直前にまとめて勉強するということです。もし、試験直前に風邪などで勉強できなくなったらどうしますか?学校のテストが決まって販売士の勉強に時間を使えない事もありえます。そうなったらどうなるか?わかりますよね。勉強時間を十分に取ることができないので合格することが難しくなってしまいます。

販売士3級に確実に合格したいのであれば勉強期間は大切!

世の中何が起こるかわからないので、試験前に不測の事態が起きても対応できるようにある程度の勉強期間を設けて勉強をするべきです。短期集中の方が気持ち的に楽なのはわかりますが、より確実に販売士3級に合格したいのであれば2ヶ月くらいの余裕のある勉強期間を設けて勉強した方が良いですよ。販売士3級は勉強すれば合格できる試験なので2ヶ月もあれば殆どの人が合格できるのではないでしょうか。

勉強期間と勉強時間が長い場合の問題点

勉強というのは長くすれば良いというものではなく、勉強期間が長くなれば受験勉強がマンネリになってしまい、受験意欲が減退してしまいます。全員ではないでしょうが、長期間長時間勉強はダラダラ勉強になりがちで、勉強効率がよくありません。

販売士3級はそれほど難しい試験ではないので、何ヶ月も毎日何時間も勉強しないといけないような試験ではありません。もしある程度の勉強期間と勉強期間を資格試験に使えるというのであれば、販売士以外の他の資格試験も平行して受験してみてはいかがでしょうか?その方がスキルアップに繋がりますしね。





スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  3. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…

ピックアップ記事

  1. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  2. ファンクショナル組織の図解と長所と短所

    ファンクショナル組織とはライン組織にみられる包括的な権限と責任を職能別に分け、各担当者に付与する組織…
  3. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
ページ上部へ戻る