島陳列とは、主通路の中央に平台などを配置しする陳列方法です。

島陳列とは

島陳列は、陳列商品を顧客に注目されやすくすることができ、衝動買いを誘うことができるが、主通路が狭くなるため顧客が回遊しにくくなることがあるので過度な陳列に注意しなければならない。

島陳列の図解

島陳列

島陳列は、商品の注目度は高いが通路が狭くなってしまうため、図のように客動線が曲がってしまう。過度な陳列は控えるべきです。島陳列は、販売士検定試験でよく出題されます。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

    アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処…
  2. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る