販売士3級過去問題集 2016年2月受験対策 過去問題で試験傾向を掴める!

販売士試験は同じような問題が定期的に出題されていて、過去問題を解くことで試験傾向を掴めます。

過去問題は販売士合格に必須の教材!

過去問題を解くとわかると思いますが、販売士は同じような問題が何度も出ています。販売士ハンドブックを漫然と読むよりも、過去に出題された個所をマークすることで販売士ハンドブックの重要個所が見えてきます。特に独学受験生は過去問題を買うことを強くオススメします。

動画で合格(うか)るリテールマーケティング(販売士)検定3級過去問題集(第74回~第69回)〈2016年版〉

1回で合格!販売士検定3級過去問題集 ’16年版―3級ハンドブック(改訂版)に対応

販売士(リテールマーケティング)3級 過去問題集 第6版

U-CANの販売士検定3級 過去問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  2. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. ファンクショナル組織の図解と長所と短所

    ファンクショナル組織とはライン組織にみられる包括的な権限と責任を職能別に分け、各担当者に付与する組織…
  2. 範囲の経済とは何か

    範囲の経済とは複数の事業を同時に行うことにより経済的効率化を追求することをいい、シナジーと同じ意味で…
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る