リテールマーケティング3級(販売士3級)おすすめ過去問題集 2017年2月受験対策

販売士3級(リテールマーケティング3級)の販売士試験は同じような問題が定期的に出題されていて、過去問題を解くことで試験傾向を掴めます。

過去問題は販売士合格に必須の教材!

過去問題を解くとわかると思いますが、販売士は同じような問題が何度も出ています。販売士ハンドブックを漫然と読むよりも、過去に出題された個所をマークすることで販売士ハンドブックの重要個所が見えてきます。特に独学受験生は過去問題を買うことを強くオススメします。

過去問題集は早いうちに解くのがベスト

過去問題集は試験傾向を掴むために活用します。試験傾向を知らずに受験勉強をするのはとても効率が悪いので、私は過去問題を一日でも早いうちに解くことをオススメしていて、一番最初に解く問題が過去問題でも良いと思っています。

おすすめ販売士3級の過去問題集

出版年が2015年になりますが、私のオススメ過去問題集は次の3種類です。過去問題は試験傾向を掴むためのものなのでこれらの過去問題集でも十分対応できます。

動画で合格(うか)るリテールマーケティング(販売士)検定3級過去問題集(第74回~第69回)〈2016年版〉

1回で合格!販売士検定3級過去問題集 ’16年版―3級ハンドブック(改訂版)に対応

販売士(リテールマーケティング)3級 過去問題集 第6版

最新の過去問題集が販売されたらこのページを更新します。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  3. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…

ピックアップ記事

  1. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  2. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る