販売士とは 販売士の受験方法や各級の対象者

販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。

販売士とは

「流通外資の出店加速によるグローバル化やネット社会の進展、さらに消費者ニーズの多様化など、小売業を取り巻く環境が急激に変化している現在、「消費者ニーズとは何か」「売上を着実に伸ばすにはどうすればよいのか」ということを探るために、企業はあらゆる手段を用いてその答えを模索しています。こうした中で、「販売士」の資格は、わが国の流通業で唯一の公的資格として高く評価されています。企業の中には、採用の基準、昇進・昇格の条件にしているところや社員の自己啓発の一環として資格取得を奨励しているところもあり、転職や就職の際の有力な武器となります。また受験者は小売業のみならず、製造業や卸売業、サービス業などの販売に携わる方々、さらには流通業界への就職を目指す学生の方々にまで広がっています。就職やキャリアアップのために、是非ともチャレンジしてみてください。」(社)日本販売士協会パンフレットより

受験方法

市町村にある商工会議所の窓口、書店などで受験の申込みを行うことができます。受験する商工会議所により、申込み期間などが異なることがありますので、詳しくはお近くの商工会議所にご確認ください。

各級の説明

対象とする人物
1級 経営管理能力がある者
2級 販売管理能力がある者
3級 販売技術能力がある者

 

0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
  2. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  3. レギュラーチェーンとボランタリーチェーンの違い

    レギュラーチェーンとボランタリーチェーンを混同する人が多いですが、両者は全く異なる組織形態です。 (…
ページ上部へ戻る