タグ:合格率

  • 販売士1級(リテールマーケティング1級)の合格率が以前の2倍!

    「販売士の合格率推移」を見るとわかると思いますが、販売士1級の合格率が以前に比べると高くなっています。第36回(平成21年2月)から販売士の試験制度が改正されて合格しやすくなったとはいえ、私が受験した時に比べると相当合格…
  • 販売士の合格率を大きく高める独学勉強法

    販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと合格率が高くなると考えています。 [toc] 販売士は真面目に勉強すれば合格できる!意外に高い合格率! 販売士…
  • 販売士FAQ 販売士の合格率はどのくらいですか?

    販売士検定試験の合格率は、例年 販売士3級:50%前後 販売士2級:40%前後 販売士1級:10%前後 となっています。ただし、これは試験の主催者が発表している合格率で、実際の合格率とは違いま…
  • 販売士の合格率の実態。実際の合格率はもっと高い!

    販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合格率は60%前後、販売士3級の合格率は60%前後です。ただ、これらの合格率は本当の合格率は少し異なります。何が違うのか?…
  • 販売士(リテールマーケティング)の合格率推移

    販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率については「販売士の合格率の実態。実際の合格率はもっと高い!」で説明しています。 [toc] 販売士1級(リテールマーケ…

ピックアップ記事

  1. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
  2. アウトレットストアとは。値引販売にはデメリットがある!

    アウトレットとは、出口や掃き出し口という意味があり、ブランドの売れ残りや流行が遅れてしまった商品を処…
  3. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
ページ上部へ戻る