SWOT分析とは企業に影響を与える要因を外部環境と内部環境から分析し、企業戦略を練るための手法のことをいいます。SWOT分析により、自社の強みや弱みを再確認することができます。なお、SWOT分析のSWOTとは下記単語の頭文字を取ったものをいいます。

  • S:Strengths(強み)
  • W:Weaknesses(弱み)
  • O:Opportunities(機会)
  • T:Thests(脅威)

SWOT分析の図

SWOT分析

強み Strenghts

内部環境で良い影響を与えるであろう項目が強みに該当します。

  • 社長にリーダーシップがある。
  • 重要な特許を持っている。
  • 従業員が優れている。など

弱み Weaknesses

内部環境で悪い影響を与えるであろう項目が弱みに該当します。

  • 従業員の定着率が低く、離職者が多い。
  • 自社独自の商品がない。
  • 立地条件が悪い。

機会 Opportunities

外部環境で良い影響を与えるであろう項目が機会に該当します。

  • 今後注目される商品を取り扱っている。
  • 高収益を上げると期待できる立地で出店できる。
  • インターネットモールに出店する。
  • 薬事法改正により一部の医薬品を取り扱えるようになった。

脅威 Threats

外部環境で悪い影響を与えるであろう項目が脅威に該当します。

  • 自社の近くに大手小売店が大型店を出店する。
  • 自動車の保有者数の減少により郊外型店の売上が減少しそう。
  • 海外の大手アパレルメーカーが進出してきた。
0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…
  2. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…
  3. 販売士の教科書には多くのグラフが掲載されていますが、販売士受験者の多くがグラフを見ていないためグラフ…

ピックアップ記事

  1. 範囲の経済とは何か

    範囲の経済とは複数の事業を同時に行うことにより経済的効率化を追求することをいい、シナジーと同じ意味で…
  2. ライン組織の図解と長所と短所

    ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も…
  3. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
ページ上部へ戻る