サービス接遇検定試験

サービス接遇検定とは、財団法人実務技能検定協会が主催する検定試験です。相手に満足あるサービスを提供するために必要な知識や技能を身につけることができます。

サービスが行き届いたところに人は集まる

近年、接遇ということがテレビで取り上げられるようになりました。これは長引く不況によりただ単に商品を並べておくだけでは商品が売れない時代になっており、店舗の付加価値であるサービスに企業が力を入れているからです。同じような商品を取り扱っているお店であってもサービスの行き届いたお店とそうでないお店では売上が全く異なります。お客様は商品だけではなく、サービスも重要視しているのです。そのような理由から企業は従業員のサービス力を向上させるために様々な研修を実施しています。

サービス接遇検定の試験内容

試験内容 筆記試験

理論

  1. サービススタッフの資質
  2. 職務知識
  3. 一般知識

実技

  1. 対人技能
  2. 実務技能
  • 1級:筆記試験と面接試験
  • 準1級:面接試験
  • 2級:筆記試験
  • 3級:筆記試験
合格基準
  • 1級:理論・実技の試験で60%以上の正答率、及び、面接試験合格
  • 準1級:2級試験の合格、及び、面接試験の合格
  • 2級:理論・実技の試験で60%以上の正答率
  • 3級:理論・実技の試験で60%以上の正答率
合格率
  • 1級:約20%
  • 準1級:約70%
  • 2級:約70%
  • 3級:約80%
試験日 各級とも6月と11月

なお、面接試験は試験実施場所によって異なります。

0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…

ピックアップ記事

  1. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  2. 事業部制組織とは 事業部制組織の長所と短所、導入の留意点など

    事業部制組織とは本社の下に各事業部を配置し当該事業部に権限を大幅に委譲する組織形態である。事業部制組…
  3. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
ページ上部へ戻る