過去の記事一覧

  • アコーディオン理論の解説とポイント

    アコーディング理論について具体例などを用いて説明します。 アコーディオン理論とは アコーディオン理論とはSCホランダーが提唱した理論で、品ぞろえの専門化した小売店と総合化した小売店が交互に出現するという理論のことです…
  • 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、1958年にMPマクネアによる理論で、新しい革新的な小売業は一般的に最初は消費者に対して低価格を訴求することで数多くの顧…
  • 販売士1級(リテールマーケティング1級)の合格率が以前の2倍!

    「販売士の合格率推移」を見るとわかると思いますが、販売士1級の合格率が以前に比べると高くなっています。第36回(平成21年2月)から販売士の試験制度が改正されて合格しやすくなったとはいえ、私が受験した時に比べると相当合格…
  • 販売士に合格するためのテキスト

    資格試験には合格しやすい良いテキストとそうでないテキストというものがあります。リテールマーケティング(販売士)は書店に行くとわかると思いますが様々なテキスト(参考書や問題集)が売っていますが、これらのうち販売士に合格する…
  • 販売士の資格更新はどれが一番簡単?

    販売士(リテールマーケティング)は5年毎に資格更新をしなければ資格が失効してしまいます。販売士協会によると「リテールマーケティング(販売士)検定では、変化の激しい流通・小売業界の第一線で活躍し続けるために、5年ごとの資格…

ピックアップ記事

  1. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
  2. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  3. ラインアンドスタッフ組織の図解と長所と短所

    ラインアンドスタッフ組織とは、ライン組織の活動を促進するためにライン組織に対して助言、サポートするス…
ページ上部へ戻る