販売士の難易度について。

販売士の難易度

販売士の難易度は次のとおりです。

難易度
1級 難しい
2級 ふつう
3級 やさしい

販売士1級の難易度

販売士1級の合格率は平均10%です。販売士は他の資格に比べて合格しやすい資格のひとつですが、それでも販売士1級の難易度高いです。独学でも合格できるとは思いますが勉強が苦手な人や1年でも早く合格したい人は受験予備校に通うことをおすすめします。独学で勉強する人は公式テキストの購入をおすすめします。

販売士2級の難易度は販売士3級と同程度

販売士2級の合格率は平均50%くらいです。販売士2級の難易度は販売士3級と同じくらいです。勉強法次第で独学でも十分合格できると思います。販売士2級では勉強内容で販売士3級より専門的な項目が増えるため、難易度が高くなったように感じますが、合格率を見ると販売士3級の合格率と大差はありません。つまり、難易度も販売士3級と同程度と言えます。

販売士3級は勉強すれば合格できる

販売士3級の合格率は平均60%くらいです。販売士3級の難易度はやさしいです。販売士3級は販売職などの流通業界への就職を考えている人向けの入門資格ということもあって、決して難しい資格試験ではありません。販売の仕事をしようと思っている人向けの資格なので勉強すれば合格できる試験です。独学でも十分合格できます。

私の経験上、予備校に通い、かつ、欠席せずに講義を受けていれば90%以上が合格しています。運転免許の試験までとは言いませんが、普通に勉強していれば合格できる資格です。なお、販売士には公式テキストがあり、試験はこの公式テキストから70%以上が出題されます。販売士3級についてはこの公式テキストから90%以上が出題されます。販売士は70%以上の正答率で合格ですので、販売士の公式テキストを覚えてしまえば合格できます。

0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  2. 販売士(リテールマーケティング)の合格率の推移をまとめています。合格率推移表にある実態合格率について…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  2. PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)

    PPMはアメリカのボストンコンサルティング・グループによって開発されたものです。PPMでは、商品を次…
  3. ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

    ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。 (…
ページ上部へ戻る