マズローの欲求段階説とは 図解と各段階の解説

マズローは人間の基本的な欲求には次のような段階があるとし、これらの段階の下位欲求から順次刺激し、満たすことによって動機付けを行おうとする理論がマズローの欲求段階説である。

マズローが考える欲求段階

マズローの欲求段階説

①自己実現の欲求
 自分が計画した目標を達成したいという欲求
対策:目標管理制度や経営参加制度の導入など
②自我の欲求
 経営計画などに参加したい、又は、能力を認められたいという欲求
対策:自己申告制度、社内研修の拡充、適正な人事考課の実施など
③社会的欲求
 社会や会社に属しているという欲求
対策:慰安旅行、飲食などの社内行事の実施など
④安心・安定の欲求
 解雇されない、収入が減額されないという欲求
対策:終身雇用制度、再雇用制度の導入など
⑤生理的欲求
 長時間労働など労働環境改善に関する欲求
対策:労働安全管理の徹底、フレックスタイム制度の導入など

マズローの欲求段解説は社員管理で有用

マズローの欲求段解説は社員管理で有用です。例えば、社員を育成する場合、該当社員に対してまずどの欲求を満たせばよいかを考えます。一般社員で労働環境が整っており、社員の能力開発意識が欠けるのであれば、社内研修制度の拡充や自己申告制度の採用によって、②自我の欲求を刺激する必要があります。また、社員が会社に対して不満を持っているとした場合、どの段階に不満を持っているのかを分析し、下位欲求から改善していく必要があります。いくら上位欲求を満たしていたとしても、会社の経営が不安定で倒産しそうな場合には、社員は不満を持ちます。

0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  2. 取引数量最小化の原理 卸売業者がいる場合といない場合

    取引数量最小化の原理(取引総数単純化の原理)とは、取引企業が多くなると中間に卸売業が介在することによ…
  3. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
ページ上部へ戻る