ライン組織の図解と長所と短所

ライン組織は最も普遍的に採用される組織であり、指令系統一元化の原則と統制範囲の原則を中心に考える最も基本的な組織である。ライン組織では、管理職各人に責任と権限を包括的に付与している。

ライン組織 図解

ライン組織

ライン組織の長所

  1. 指令系統が統一されているため、統一的な行動を取ることができる。
  2. 各人に権限と責任を包括的に付与しているため、権限と責任の所在がわかりやすい。
  3. 他の組織形態に比べて導入が容易である。

ライン組織の短所

  1. 権限が上位職に集中するため、会社の規模が拡大するにつれて上位職者の仕事量が増大する。
  2. 階層が増加するにつれて意思決定のスピードが遅くなる。
0




スポンサーリンク

関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。受験者の多くは計算問題を避けてしまう傾向にありま…
  2. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  3. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…

ピックアップ記事

  1. 経営組織と組織原則 ライン組織やファンクショナル組織、事業部制組織など

    経営組織には、ライン組織、ファンクショナル組織、ラインアンドスタッフ組織、事業部制組織、マトリックス…
  2. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
  3. レギュラーチェーンとボランタリーチェーンの違い

    レギュラーチェーンとボランタリーチェーンを混同する人が多いですが、両者は全く異なる組織形態です。 (…
ページ上部へ戻る