販売士講座を受講したほうが良い人

販売士は独学でも十分合格できますが、次のような人は販売士講座を受講した方が合格しやすいと思います。

  1. 勉強に自信がない人
  2. 初めて資格試験を受験する人
  3. 高校生以下の人
  4. 就活を控えている人
  5. 絶対に合格しないといけない人

勉強に自信がない人

過去にあまり勉強した経験が無い人や勉強が苦手な人は販売士講座を受講する方が合格しやすいと思います。販売士は勉強さえすれば合格することができる資格で能力は関係ありませんが、独学で勉強していると「こんな勉強で合格できるのだろうか…」など、どうしてもマイナス思考になりがちです。予備校や専門学校等の販売士受験対策講座では専門の講師が販売士受験をフォローしてくれるため勉強が苦手・自信が無い人でも安心して受験できます。勉強に自信がない人が独学で受験すると難しい項目が出てきたら諦めてしまう恐れがあります。

初めて資格試験を受験する人

初めて資格試験を受験する人は販売士の受験対策講座を受講した方が良いと思います。販売士に限らず、資格試験合格には一定のルール(王道のようなもの)があります。ただ、初めて資格試験を受験する人は合格のための勉強法を知らず漫然と勉強することが殆どです。試験日まで余裕があれば良いですが、そうでない場合は非効率な勉強で本試験までに間に合わなくなる恐れがあります。予備校や専門学校などの販売士講座では販売士を効率よく理解し、合格できるように万全のカリキュラムとテキストで講師がサポートしてくれます。

高校生以下の人

販売士には受験資格がなく誰でも受験できるので、受験生の中には高校生以下の人も多くいます。販売士は勉強すれば合格できる資格ですが、専門用語が出てくるため中学生や高校生などの社会人経験(アルバイト経験も含む)が無い人はイメージが湧かずに苦労するようです。予備校や専門学校の販売士講座では専門の講師がわかりにくい専門用語をしっかりと解説してくれるので、高校生などの社会人経験が無い人でも負担なく勉強できます。また、授業中に分からない項目があれば質問もできますよ。

就活を控えている人

就活にはシーズンがあります。シーズンオンかオフかで会社説明会などの実施回数が大きく異なります。就活対策として販売士受験を考えている人は就活シーズンまでに販売士に合格しなければ販売士を合格する価値が半減してしまいます。

絶対に合格しないといけない人

会社命令や周りに販売士受験を知られてしまい合格しないと恥ずかしい人は何としても合格したいはずです。特に会社命令で受験する人は同時に何人かで受験するはずですし、同僚が合格して自分が不合格だったら会社での評価も変わる恐れがあります。

不合格になることを考えると費用は安い

販売士の受験対策講座は決して安くはありませんが、不合格になることを考えると安いものです。全く勉強していない人は別ですが、ある程度勉強した人であれば一定の費用と時間を使っているはずです。不合格になればこれらが無になってしまうわけですし勿体無いです。例えば販売士受験のために20時間勉強したとして販売士講座を受講すると4万円かかるとすれば、1時間あたり2,000円です。さらに販売士講座を受講すれば効率よく勉強できるため受験勉強時間の短縮も見込めます。このように考えると販売士講座は決して高いものではないとわかると思います。

0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士は流通業界で唯一の公的資格として一定の評価を得ています。 (さらに…)…

ピックアップ記事

  1. 繰延資産とは 繰延資産の具体例と解説

    繰延資産について、貸借対照表原則、一Dで次のように規定しています。 (さらに…)…
  2. 範囲の経済とは何か

    範囲の経済とは複数の事業を同時に行うことにより経済的効率化を追求することをいい、シナジーと同じ意味で…
  3. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
ページ上部へ戻る