ドミナントエリア戦略のメリットとデメリット

ドミナントエリア戦略とは、店舗を出店するときに特定の地域に集中して出店する戦略のことをいいます。新たに新店を出店する場合に地域を特定して、その地域に集中して出店するほうが効率的なのです。一見すると、同じような地域に出店するのではなく、全く別の地域に出店するほうが効率的であるように感じますが、そうではないのです。

特定地域に集中出店するメリット

特定地域に集中出店するメリットは次のことが挙げられます。

  1. 広告宣伝費の削減
    同じ地域に出店するため、新聞の折込み広告などの費用を削減することができます。
  2. 知名度向上
    同じ地域に複数店舗出店することにより、看板などで会社名を消費者に認知してもらう機会が増えるため、知名度が上がります。
  3. 市場占有率の向上
    当該地域での市場占有率が高まると他社の参入が難しくなります。
  4. 物流コストの削減
    同じ地域に店舗があるため商品の配送時間や費用が削減できます。特にコンビニエンスストアなどは、頻繁に商品を納入するため、ドミナントエリア戦略による物流コスト削減効果は非常に高いです。
  5. 店舗管理コストの削減
    従業員の店舗間移動によるコストを削減することができます。特に店舗数が増加すると、店舗を管理する店舗指導員の削減に効果的です。

ドミナントエリア戦略のデメリット

ドミナントエリア戦略には、デメリットもあります。

  1. 災害により被害にあった場合のリスクが高い
    阪神大震災など、重大な災害が生じた場合に壊滅的な被害を受ける恐れがある。
  2. 大きな資本を持つ競合他社が参入した場合
    業界最大手の出店があった場合に全店が被害を受ける恐れがある。
0
スポンサーリンク


関連記事

サイト移動に伴って各記事のSNSボタンがリセットされました。いいね等が増えると更新意欲が出るのでお願いします。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 販売士検定試験の受験者の多くが不得意とする計算問題。販売士検定試験では必ず経営分析や損益計算書の穴埋…
  2. 販売士の合格率は1級が約15%、2級3級が約60%ですが、私の経験でいえば正しい勉強法であればもっと…
  3. 販売士の合格率は「販売士の合格率」でまとめている通り、販売士1級の合格率は15%前後、販売士2級の合…

ピックアップ記事

  1. なぜ減価償却によって適正な期間損益計算ができるのか

    減価償却が適正な期間損益計算を行うために必要であるという理由を説明します。 (さらに……
  2. 小売の輪の理論の解説とポイント

    小売の輪の理論について、具体例などを用いて解説します。 小売の輪の理論とは 小売の輪の理論とは、…
  3. 不確実性プールの原理について具体的に説明します。

    不確実性プールの原理(集中貯蔵の原理)とは消費者志向の変化など外部環境の変動に備えてすべての小売店が…
ページ上部へ戻る